事業所一覧

事業所

本社
〒007-0884 札幌市東区北丘珠4条3丁目12番1号
【総務部】
TEL(011)782-6003/FAX(011)782-6998
【業務部】
TEL(011)782-6019/FAX(011)782-6997
【商品営業部】
TEL(011)782-6001/FAX(011)782-6997
【工事営業部】
TEL(011)782-6002/FAX(011)782-6998
札幌工場
〒007-0884 札幌市東区北丘珠4条3丁目12番1号
TEL(011)782-3481/FAX(011)782-6996
小樽工場
〒047-0261 小樽市銭函3丁目524番地17
TEL(0134)62-0550/FAX(0134)62-0111
函館営業所
〒049-0101 北斗市追分3丁目6番6号
TEL(0138)49-8770/FAX(0138)49-8566
旭川営業所
〒079-8452 旭川市永山北2条7丁目7番地30
TEL(0166)48-5856/FAX(0166)48-5873
釧路営業所
〒084-0904 釧路市新富士町4丁目3番23号
TEL(0154)53-0125/FAX(0154)53-0126
北見営業所
〒099-1584 北見市常川418番地1
TEL(0157)39-3221/FAX(0157)39-3223
稚内営業所
〒097-0011 稚内市はまなす3丁目8番2号
TEL(0162)34-6511/FAX(0162)34-6510
このページのTOPに戻る

沿革

旧 日米建材工業株式会社
昭和2年 8月 小樽市で大成商事株式会社を設立
昭和32年 7月 本社を札幌市に移転
昭和38年 8月 東京亜鉛鍍金株式会社(旧川鉄鋼板株式会社)と業務提携、同社製品の長尺カラー鉄板を道内一手に取り扱う
昭和39年 4月 函館・旭川・釧路に出張所を開設
昭和45年 12月 川鉄商事株式会社(現JFE商事株式会社)の系列に入る
昭和46年 4月 社名を「日米工機株式会社」に変更
昭和48年 8月 日米工機株式会社を発展的に解散し、資本金3,000万円で新会社「日米建材工業株式会社」を設立
昭和49年 3月 札幌市東区丘珠に札幌工場落成
昭和61年 1月 函館・旭川・釧路の各出張所を営業所に昇格
昭和62年 2月 北見営業所を開設、4営業所体制を確立
昭和62年 12月 川鉄鋼板株式会社(現JFE鋼板株式会社)の系列に入る
平成4年 7月 函館営業所を上磯町「テクノポリス函館・上磯工業団地」内に移転
平成8年 4月 旧函館営業所跡地に賃貸ビル「かみいそメディカルビル」を建設
平成14年 4月 稚内営業所を開設、5営業所体制となる
平成17年 10月 北海道長尺金属工業株式会社と合併し、資本金10,000万円で新会社「北長金日米建材株式会社」を設立
平成20年 3月 稚内営業所を閉鎖、稚内倉庫を開設
旧 北海道長尺金属工業株式会社
昭和38年 10月 道内主要板金業者を株主として資本金300万円で創立
昭和39年 7月 日本鋼管株式会社(現JFEスチール株式会社)と業務提携、NKKカラー鉄板、ハイナック、など屋根外壁用材の道内販売を開始
昭和40年 1月 日本鋼管株式会社(現JFEスチール株式会社)、三菱商事株式会社(現株式会社メタルワン)、丸紅商事(伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社)、各社の資本参加を得て、1,200万円に増資
平成7年 1月 小樽銭函新社屋落成
平成7年 3月 本社移転
平成7年 5月 エヌケーケートレーディング株式会社(現JFE商事株式会社)の資本参加と日本鋼管株式会社(現JFEスチール株式会社)、三菱商事株式会社(現株式会社メタルワン)の増資を得て資本金22,450万円
平成15年 3月 エヌケーケー鋼板株式会社(現JFE鋼板株式会社)資本参加
平成17年 10月 日米建材工業株式会社と合併し、資本金10,000万円で新会社「北長金日米建材株式会社」を設立
このページのTOPに戻る

紫宝会

紫宝会は、JFE鋼板商品の使用拡大を図り(全道259社、平成24年3月末現在)、会員相互の技術力向上、親睦を図る板金施工店の会です。

 

紫宝会MAP

このページのTOPに戻る
Copyright(C)2006.HOKUCHOKIN NICHIBEI KENZAI.All Rights Reserved.